不倫サイトの使い方と相手を探すメリット

不倫サイトとは

まことにけしからん世の中になったものです。
昔から、出会いを探すためのサイト、「出会い系サイト」は存在しましたが、最近では、男女の出会いの中でも、不倫に注目し、不倫相手を求める人のためのサイトが数多く出てきたのです。
それを「不倫サイト」と呼びます。

不倫サイトの仕組みは、SNSや、出会い系サイトとほとんど同じです。
プロフィールを設定して、掲示板に書き込みをしたり、異性にメッセージを送ったりして相手を探していきます。
多くの場合、男性のみが有料で、女性は無料とされています。

相手を探す

では、その不倫サイトで不倫相手を探すには、具体的にどんなことをすればよいのでしょうか。

最も使いやすいのは、掲示板です。
不倫サイトには、出会い系サイトと同じように、登録ユーザーが自由に書き込みをすることのできる掲示板が用意されています。
そこに書き込みをしたり、書き込みに返信したりして、異性とコンタクトを取るのです。

書き込みをするにも、メッセージを送るにもお金がかかりますが、掲示板の良いところは、そこに書き込みをしている人が、「今、出会いを求めている」ということ。
サイトに登録はしているけれど、今のところ本気で出会いを探すつもりはない、そういう人は、不倫サイトにも結構な数いるのです。

掲示板に書き込みをして、能動的に相手を探しているということは、その人は本気で出会いを求めているということですから、メッセージを送れば、返事をもらえる可能性は高いですし、出会いにも期待できます。
登録した際は、主にこの掲示板を使って相手を探していくことになるでしょう。

そのほかにも、プロフィール検索や、「つぶやき(ツイート)」、日記をつける、あるいは日記にコメントを残すなどの方法で、異性とコンタクトを取ることが可能です。
SNSにも、特定の条件に合致する人をピックアップできる「友達検索」という機能がありますよね。
今なにをしているかをつぶやいたり、日記をつけたりすることもできます。
それとまったく同じ方法で相手を探していくのです。

操作はとても簡単ですから、携帯電話を普通に使える人であれば、困るようなことはないでしょう。

不倫サイトのメリット

不倫サイトは、その機能だけ見れば、SNSや出会い系サイトとほとんど違いません。
あえて不倫サイトで出会いを探すことに意味はあるのでしょうか。

ここで考えていただきたいのは、不倫相手を探すときに、そもそも、既婚者を相手に恋人らしいデートやセックスをしてくれる女性がいるかということです。

不倫が発覚したときのリスクはかなり大きく、実際にそうなってしまったら、冗談では済みません。
不倫をした人にも、その相手にも、多額の慰謝料が請求されます。
そういう厄介ごとに巻き込まれたくないという人は、かなり多いのです。

だって、既婚者であればその男性がより魅力的に見えるのかというと、そんなことはありませんからね。
大切なのはその人自身であって、結婚しているかどうかというのは関係ないのです。
インターネット上では、あなたという人の魅力は、相手に充分に伝わらないでしょう。

既婚者というだけで避けられてしまいます。
じゃあ結婚していることを隠して付き合えばいい、ともなりませんよね。
それを伝えておかなければ、向こうは好きな時間帯にあなたに電話するでしょうし、家に行ってみたいとか面倒なことを言い出すでしょう。

このように、不倫相手を探すというのは難しいことなのです。
しかし不倫サイトならどうでしょう。
向こうも既婚者ですから、立場は同じで、どういうことをされると迷惑かをすべて把握しています。
相手も自分と同じ立場にある、これが不倫サイトを使うメリットであり、不倫相手を探すときに最も大切なことなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ